息子の成長

息子が中学校1年生になって、今の時代、部活活動の選択肢が狭い中バスケットボール部に入部しました。バスケットボールと言えば私が学生時代に夢中になっていた部活動でもありました。

やっぱり遺伝で好みが同じなのかと、少し嬉しくなりました。
まだ1年生なのでボールも触らせてもらえない日々らしいのですが、それでも一生懸命部活動に取り組んでいました。

息子はバスケットボール未経験者で、同学年のお友達には小学校からミニバスケットボールをやっていたお友達もいるので息子はその子達のバスケットボール技術には到底かないません。自分の学生時代の頃を思いを思い出してみるとレギュラーになれず心の中で悔しい思いをしていたのを思い出し、息子はそういう思いをしていないのだろうか?と心配していました。

そして今年に入って一年生大会というのが開催されました。ミニバスケットボールを経験してきたお友達の中では試合にも出られないのだろうと思い息子の心境を心配していたのですが、一年生大会が行なわれる前日、背番号4番のユニフォームを持って帰ってきました。

私は言葉が出ないほどビックリしました!チームの親御さんやクラスの担当の先生の話だと、「バスケットボールが上手い下手というのではなく人望があり、何事に関しても真面目に取り組む」という意味で一応4番というキャプテン番号をもらったそうです。

私はバスケットボールの技術の事だけを考えていた自分が恥ずかしくなりました。
真面目に一生懸命取り組んでいた息子を本当に誇りに思いました。
他の子より全然上手ではないけど、練習中や試合の応援中は誰よりも大きな声を出している息子。
本当に本当に私の誇りで、これからもこのままの姿で育っていって欲しいと思っています。